BuildKit の実験的な Windows コンテナー サポートが v0でリリースされました。13.0

最新の BuildKit リリースである v0.13.0,には、実験的な Windows コンテナーのサポートが含まれています。 BuildKit は何年も前から存在しており、Docker Engine 23以来、Linux のデフォルトのビルド エンジンとなっています。0.0. 

BuildKit は、ソースコードを変換してアーティファクト (コンテナーイメージなど) を効率的で表現力豊か、かつ反復可能な方法でビルドするためのツールキットです。 BuildKit では、以前の Docker Builder と比較して、次の利点が導入されました。

  • 独立したビルドステージの構築を並列化し、未使用のステージをスキップします。
  • ビルド間でビルド コンテキストで変更されたファイルのみを増分転送し、ビルド コンテキスト内の未使用ファイルの転送もスキップします。
  • 多くの新機能を備えた Dockerfile フロントエンド実装を使用します。
  • 残りの API (中間イメージとコンテナー) の副作用を回避します。
  • 自動プルーニングのためにビルドキャッシュに優先順位を付けます。

2018年以来、Windows コンテナーの顧客は、BuildKit リポジトリWindows コンテナー リポジトリに見られるように、BuildKit の Windows サポートを求めており、何百もの反応とコメントが寄せられています。この 1 年間、ユーザーの声に耳を傾け、リソースを集中させて、BuildKit での Windows コンテナーのサポートを強化しました。

これまでは、Linux イメージと、クロスコンパイルを使用して 非常に限定された Windows イメージをビルドするための Windows 上の Buildx クライアントのみを出荷していました。 本日は、BuildKit での Windows コンテナーの実験的なサポートを導入し、標準の Docker ビルドで間もなく利用できるようにする予定です。

Windows 1 での Windows コンテナーに対する 2400x1260 buildkit のサポート

次は何ですか?

今後数か月で、次のようなさらなる改善に取り組んでいきます。

  1. 一般提供 (GA) 対応: ガイドやドキュメントを含むリリース資料の改善。
  2. Docker Engine との統合: だからあなたはただ走ることができます docker build
  3. OCIワーカーのサポート: Linuxでは、OCIワーカーを使用してruncのみでBuildKitを実行するオプションがあります。 現在、Windows では containerd ワーカーのみがサポートされています。
  4. コンテナドライバ: コンテナー ドライバーでの実行のサポートを追加します。
  5. 画像出力: Linuxでサポートされている一部の画像出力はWindowsでは機能しない場合があり、テストと評価が必要です。 これには、複数のレジストリへのイメージのエクスポート、イメージ出力のキーがサポートされているかどうかの確認、マルチプラットフォームのイメージ構築サポートのテストが含まれます。
  6. 他のアーティファクトのビルド: BuildKit を使用して、コンテナーイメージ以外のアーティファクトをビルドできます。 この領域では、バイナリ、ライブラリ、ドキュメントなどの他の成果物が Linux と同様に Windows でもサポートされているかどうかをクロスチェックする必要があります。
  7. buildkitd の実行に管理者は必要ありません: 現在、Windows で buildkitd を実行するには管理者権限が必要です。 buildkitdを低い権限、別名「ルートレス」で実行することを検討します。
  8. キャッシュのエクスポート: 特定のキャッシュ エクスポーター (inline、registry、local、gha [GitHub Actions]、 3、azblob) が Windows でもサポートされているかどうかを確認するには、調査を行う必要があります。
  9. Linux パリティ: Windows と Linux 間の機能パリティのギャップを特定し、アクセスし、埋めます。

チュートリアル — BuildKit と Windows コンテナーを使用して基本的な "Hello World" イメージをビルドする 

ここでは、必要な依存関係を含む BuildKit のセットアップ プロセスについて説明し、基本的な Windows イメージをビルドする方法を示しましょう。 フィードバックや問題については、Issues · moby/buildkit (github.com) でチケットを提出してください。 タグ付き エリア/ウィンドウズ

プラットフォームの要件を以下に示します。 このシナリオでは、 AMD64で基本イメージを実行しますnanoserver:ltsc2022。 

  • アーキテクチャ:AMD64、Arm64(バイナリは利用可能ですが、まだ公式にテストされていません)。 
  • サポートされているオペレーティングシステム:Windows Server 2019、Windows Server 2022、Windows 11。 
  • 基本イメージ: servercore:ltsc2019、、nanoserver:ltsc2022servercore:ltsc2022互換性マップを参照してください。 

このワークフローでは、次の手順について説明します。

  1. Windows コンテナーを有効にします。
  2. containerd をインストールします。
  3. BuildKit をインストールします。
  4. 単純な "Hello World" イメージを作成します。

1. Windows コンテナーを有効にする 

PowerShell ターミナルを管理者権限モードで起動します。 次のコマンドを実行して、コンテナー機能が有効になっていることを確認します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V, Containers -All

セットアップで RestartNeededTrue と表示される場合は、マシンを再起動し、管理者の PowerShell ターミナルを再度開きます (図 1)。 それ以外の場合は、次の手順に進みます。

Windows コンテナーを有効にする Windows PowerShell のスクリーンショット。
図 1: PowerShell での Windows コンテナーの有効化。

2. containerd のインストール

次に、コンテナとイメージを管理するためのコンテナランタイムとして使用される containerdをインストールする必要があります。

手記: 現在、containerd ワーカーのみがサポートされています。 将来的には、runcを使用するOCIワーカーのサポートを追加する予定であるため、この依存関係は削除されます

次のスクリプトを実行して、最新の containerd リリースをインストールします。 containerd が既にインストールされている場合は、以下のスクリプトをスキップして実行 Start-Service containerd し、containerd サービスを開始します。 

注: containerd v1.7.7+ は必須です。

# If containerd previously installed run:
Stop-Service containerd

# Download and extract desired containerd Windows binaries
$Version="1.7.13" # update to your preferred version
curl.exe -L https://github.com/containerd/containerd/releases/download/v$Version/containerd-$Version-windows-amd64.tar.gz -o containerd-windows-amd64.tar.gz
tar.exe xvf .\containerd-windows-amd64.tar.gz

# Copy and configure
Copy-Item -Path ".\bin" -Destination "$Env:ProgramFiles\containerd" -Recurse -Container:$false -Force
cd $Env:ProgramFiles\containerd\
.\containerd.exe config default | Out-File config.toml -Encoding ascii

# Copy
Copy-Item -Path .\bin\* -Destination (New-Item -Type Directory $Env:ProgramFiles\containerd -Force) -Recurse -Force

# add the binaries (containerd.exe, ctr.exe) in $env:Path
$Path = [Environment]::GetEnvironmentVariable("PATH", "Machine") + [IO.Path]::PathSeparator + "$Env:ProgramFiles\containerd"
[Environment]::SetEnvironmentVariable( "Path", $Path, "Machine")
# reload path, so you don't have to open a new PS terminal later if needed
$Env:Path = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("Path","Machine") + ";" + [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("Path","User")

# configure
containerd.exe config default | Out-File $Env:ProgramFiles\containerd\config.toml -Encoding ascii
# Review the configuration. Depending on setup you may want to adjust:
# - the sandbox_image (Kubernetes pause image)
# - cni bin_dir and conf_dir locations
Get-Content $Env:ProgramFiles\containerd\config.toml

# Register and start service
containerd.exe --register-service
Start-Service containerd

3. BuildKit のインストール

手記: Docker Desktop を最新バージョンに更新したことを確認します。

次のスクリプトを実行して、最新の BuildKit リリースをダウンロードして抽出します。

$version = "v0.13.0" # specify the release version, v0.13+
$arch = "amd64" # arm64 binary available too
curl.exe -LO https://github.com/moby/buildkit/releases/download/$version/buildkit-$version.windows-$arch.tar.gz
# there could be another `.\bin` directory from containerd instructions
# you can move those
mv bin bin2
tar.exe xvf .\buildkit-$version.windows-$arch.tar.gz
## x bin/
## x bin/buildctl.exe
## x bin/buildkitd.exe

次に、次のコマンドを実行して BuildKit バイナリ Program Files をディレクトリに追加し、直接 PATH 呼び出せるようにします。

# after the binaries are extracted in the bin directory
# move them to an appropriate path in your $Env:PATH directories or:
Copy-Item -Path ".\bin" -Destination "$Env:ProgramFiles\buildkit" -Recurse -Force
# add `buildkitd.exe` and `buildctl.exe` binaries in the $Env:PATH
$Path = [Environment]::GetEnvironmentVariable("PATH", "Machine") + `
    [IO.Path]::PathSeparator + "$Env:ProgramFiles\buildkit"
[Environment]::SetEnvironmentVariable( "Path", $Path, "Machine")
$Env:Path = [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("Path","Machine") + ";" + `
    [System.Environment]::GetEnvironmentVariable("Path","User")

を実行します buildkitd.exe。 図 2に示すようなものが表示されることが予想されます。

buildkit を実行している Windows PowerShell のスクリーンショット。 Exeで起動し、起動が成功したことを示しています。
図 2: ログにエラーなしで buildkitd を正常に起動しました。

これで、buildKit インスタンスを使用するように buildx (BuildKit クライアント) を設定できます。 ここでは、起動したばかりの Buildkit インスタンスを指す Builder アイテムを、以下を実行して作成します。

docker buildx create --name buildkit-exp --use --driver=remote npipe:////./pipe/buildkitd

ここでは、ビルダーの新しいインスタンスを作成し、それを BuildKit インスタンスにポイントしています。 BuildKit は .npipe:////./pipe/buildkitd

ビルダーにも名前を付けますが、ここでは buildkit-expと呼んでいますが、好きな名前を付けることができます。 これを現在のビルダーとして設定することを忘れないでください --use

実行 docker buildx inspect して接続をテストしてみましょう(図 3)。

接続をテストするために 'docker buildx inspect' を実行している Windows PowerShell のスクリーンショット。
3:Docker buildx inspectは、新しいビルダーが接続されていることを示しています。

よし!

また、ビルダーを一覧表示して 管理することもできます。 を実行します docker buildx ls (図 4)。

ビルダーとノードの一覧を示す 'docker buildx ls' を実行している Windows PowerShell のスクリーンショット。
図 4: Run docker buildx ls を実行して、すべてのビルダーとノードのリストを返します。 ここでは、新しいビルダーがリストに追加されていることがわかります。

4. "Hello World" イメージのビルド 

次の Dockerfile に示すように、 単純な "hello world" イメージ を構築します。

FROM mcr.microsoft.com/windows/nanoserver:ltsc2022
COPY hello.txt C:
CMD ["cmd", "/C", "type C:\\hello.txt"]

次のコマンドを実行してディレクトリを作成し、ディレクトリを sample_dockerfileに変更します。

mkdir sample_dockerfile
cd sample_dockerfile

次のスクリプトを実行して、上記の hello.txt sample_dockerfile Dockerfile をディレクトリに追加します。

Set-Content Dockerfile @"
FROM mcr.microsoft.com/windows/nanoserver:ltsc2022
USER ContainerAdministrator
COPY hello.txt C:/
RUN echo "Goodbye!" >> hello.txt
CMD ["cmd", "/C", "type C:\\hello.txt"]
"@

Set-Content hello.txt @"
Hello from buildkit!
This message shows that your installation appears to be working correctly.
"@

これで、を使用して buildx イメージをビルドし、レジストリにプッシュできます (図 5を参照)。

docker buildx build --builder buildkit-exp --push -t <your_username>/hello-buildkit .
ビルドが成功したことを示す Windows PowerShell のスクリーンショット。
図 5: ここでは、ビルドが正常に完了するまで実行されていることがわかります。

Docker Hub をレジストリとして使用している場合は、実行buildx build前に実行docker loginしてください (図 6)。

Docker Hub への正常なログインを示す Windows PowerShell のスクリーンショット。
6:Docker Hubへのログインに成功し、イメージを公開できます。

万丈! これで、標準 docker runのコンテナを実行できます。

docker run <HUB ACCOUNT NAME>/hello-buildkit

BuildKit を使ってみる

リリースされた実験的な Windows BuildKit サポート v0.13.0.まず、 ドキュメント やブログで、BuildKit を使用して簡単な Windows イメージを構築する方法を順を追って説明してください。 フィードバックと課題は Issues · moby/buildkit (github.com) で報告してください。 タグ付き エリア/ウィンドウズ.

さらに詳しく

ありがとうございます

@gabriel-samfiraさん、@TBBleさん、@tonistiigiさん、@AkihiroSudaさん、@クレイジーマックス、 @jedevc @thaJeztah @profnandaa、@イアンキンゴリ[LX11] 、および BuildKit での Windows コンテナー サポートの有効化に貢献した他の多くの主要なコミュニティ メンバー。 また、貴重なフィードバックと分析情報を引き続き提供してくださる Windows コンテナー開発者にも感謝します。

[wpsk_comment_title]