Docker Desktop 4.31: エアギャップ コンテナー、高速ビルド、Docker Desktop on Windows on Arm、Compose File Viewer、GitHub Actions のベータ リリース

この投稿の内容:

Docker Desktop の最新リリースは、あらゆる規模の開発チームに力を与え続け、革新的なアプリケーションを生産的に構築、共有、実行するための安全なハイブリッド開発ローンチパッドをどこでもサポートします。 

Docker Desktop 4のハイライト。31リリースには、次のものが含まれます。 

  • エアギャップコンテナは 、開発者環境とアプリを保護し、安心感を確保するのに役立ちます。 
  • Docker Build Cloudを使用してDocker Desktopでビルドを高速化 することで、開発者は迅速にビルドして生産性とROIを向上させることができます。
  • Docker Desktop on Windows on Arm (WoA) Beta は、最新かつ最先端の開発環境を活用して、Microsoft Developer エコシステムをサポートするという Microsoft のコミットメントを継続します。
  • Compose ファイル ビューア(ベータ版): Compose の設定をコンテキスト ドキュメントで確認できます。
  • Docker Desktop (ベータ版) の GitHub Actions により 、パフォーマンス メトリックやエラー レポートなどの詳細な GitHub Actions ビルドの概要に Docker Desktop UI 内で直接アクセスできるように、CI の可視性が強化されました。
docker desktop 4のバナーイラスト。 31 リリース

エアギャップコンテナ:セキュリティとコンプライアンスの確保

ビジネスユーザー向けに、 エアギャップコンテナのサポートを導入しました。 この機能により、管理者は Docker Desktop を構成して、内部ネットワーク (プライベート ネットワーク) へのアクセスを有効にしながら、コンテナーによる外部ネットワーク (インターネット) へのアクセスを制限できます。Docker Desktop は、コンテナからのネットワークトラフィックにプロキシルールのカスタムセットを適用できます。 プロキシは、ネットワーク接続を許可したり、ネットワーク接続を拒否したり、HTTP または SOCKS プロキシを介してトンネリングしたりするように設定できます(図 1)。 これにより、管理者はポリシーを適用する送信 TCP ポートを選択したり、単一の HTTP または SOCKS プロキシを転送したり、PAC ファイルを介して宛先ごとにポリシーを実装したりできるため、セキュリティが強化されます。

プロキシ構成規則を示すコードの抜粋。
図 1: 強制サインインと設定管理が有効になっていると仮定して、新しいプロキシ構成をadmin-settings.jsonファイルに追加します。

この機能により、安全に拡張でき、厳格なセキュリティ要件を持つ組織にとって特に重要です。 エアギャップコンテナの詳細については、Docker Docsをご覧ください。  

Docker Build Cloud を使用した Docker Desktop でのビルドの高速化 

コアDockerサブスクリプション(Personal、Pro、Teams、Business)には、Docker Build Cloud分数の割り当てが含まれていることをご存知ですか?はい! このクラウド コンピューティング時間と共有キャッシュの割り当てにより、マルチコンテナー アプリや大規模なリポジトリで作業しているときにビルド時間を短縮できます。 

組織の場合、ビルド時間はチーム全体で共有されるため、Docker Desktop Teams または Business サブスクリプションで Docker Build Cloud の分数が割り当てられているユーザーは、利用可能な分数を活用し、必要に応じて追加の分数を購入できます。 Docker Build Cloud は、ローカルでビルドする開発者と CI/CD でビルドする開発者の両方に機能します。

Docker Desktop を使用すると、これらの時間を使用して、Docker Build Cloud ダッシュボード (build.docker.com) をプッシュしてアクセスする時間を短縮できます ここでは、ビルド履歴の表示、ユーザーの管理、使用状況の統計の表示を行うことができます。 

そして今、 build.docker.com から、 クラウドビルダーをDocker Desktopに接続するワンクリックセットアップを使用して、チームのクラウドビルダーをすばやく簡単に作成できます。 同時に、Build Cloud ビルダーを Docker Desktop のデフォルトビルダーとして約 30 秒で設定することもできます — Connect via Docker Desktop のセットアップ中に Set the default builder ラジオボタンにチェックを入れます (図 2)。

Docker Desktop への接続セットアップ中に既定のビルダーを設定するオプションを示す docker desktop のスクリーンショット。
図 2: Docker Desktop でのデフォルトビルダーの設定。

Arm 上の Windows 上の Docker Desktop

Microsoft Build では、 Docker Desktop がベータ リリースとして Windows on Arm (WoA) で利用できる ようになったことを発表できることを嬉しく思います。 このバージョンは、認証の背後で利用可能になり、Arm ベースの Windows デバイスを持つユーザーを対象としています。 この機能により、これらのデバイスを使用する開発者は、Dockerの機能を最大限に活用できます。 

WoA を活用して開発プラクティスを加速する方法の詳細については、 Ivette Carreras と Jamshed Damkewala による Microsoft Build セッション「Introducing the Next Generation of Windows on Arm (Introducing the Next Generation of Windows on Arm (Ivette Carreras と Jamshed Damkewala による Arm 上の次世代の Windows の紹介)」をご覧ください。 また、Microsoft Build Docker ページにアクセスし、イベントのハイライトに関するブログ記事を読むと、Microsoft と Docker の間のその他のより良い連携の機会についても学ぶことができます。

Compose ファイル ビューア(ベータ版)

Compose File Viewer(ベータ版)を使用すると、開発者は Docker Desktop で Docker Compose 構成ファイルを表示し、関連するドキュメントをリンクできるようになりました。 これにより、Compose YAML が一目で理解しやすくなり、構文が適切に強調表示されます。 

この新しいファイルビューアを確認するには、Compose コマンドラインの [ View Configuration ] オプションを使用するか、[ Containers ] タブで Compose スタックを表示し、[ View Configuration ] ボタンをクリックします。

Docker Desktop の GitHub Actions による CI の可視性の強化の導入

GitHub ActionsのビルドをDocker Desktopで直接検査する新機能のベータ版をリリースしたことをお知らせします。この機能強化により、パフォーマンス メトリック、キャッシュ使用率、詳細なエラー レポートなど、Docker ビルドの詳細な概要が提供されます。 ビルド結果は、 .dockerbuild Docker Desktop 4を使用してローカルでアーカイブおよび検査します。31. これで、CI ビルドに関するすべての詳細に、ローカルで再現したかのようにアクセスできます。 

ビルド431 インポートするDd
図 3: Docker Desktop 4.31 GitHub Actionsからのビルドのワンクリックインポートをサポートする[ビルド]タブ。

Docker Desktop の Builds View に慣れていませんか? これは、ローカルのDockerビルドをより深く理解できるようにするために 昨年導入 された機能です。 インポート機能により、GitHub Actionsからリモートビルドの詳細をわずかな時間で徹底的に調べることができるようになりました。 この新機能は、ビルドの可視性を高めることで、CI/CD の効率とコラボレーションを向上させることを目的としています。 Docker Desktop 4 に更新します。 GitHub Actions docker/build-push-action@v5 を31docker/bake-action@v4 で構成し、開始します。

結論 

この最新リリースでは、イノベーションを加速し、大規模なセキュリティを実現し、生産性を向上させる機能でDocker Desktopユーザーをサポートするという使命を強化しています。 

さらなる詳細と今後のリリースにご期待ください。 開発チームに力を与えるために継続的に努力しているコミュニティの一員として、ありがとうございます。 

さらに詳しく

[wpsk_comment_title]