Docker 2024 アプリケーション開発の現状レポートを発表

Dockerは、 2024 State of Application Development Reportを発表し、今日の急速に進化するソフトウェア開発の世界に焦点を当てたスナップショットを提供しています。 このレポートでは、1300人以上の回答者を対象とした幅広い調査に基づいて、使用しているツール、プロセスとフラストレーション、業界のトレンドに関する意見、開発者コミュニティへの参加、Dockerの使用状況など、回答者の仕事に関する幅広い調査結果を共有しています。

そこで浮かび上がってきたのは、ソフトウェア開発におけるクラウドや人工知能/機械学習(AI/ML)の役割の拡大、マイクロサービスの継続的な台頭、セキュリティに対するシフトレフトアプローチに対する姿勢など、主要なトレンドに関する洞察とともに、アプリケーション開発の現状を浮き彫りにすることです。

2400x1260 2024 Docker State of Application Development レポート

業界の状況の変化を反映して、 2024 レポートは3つの主要な分野に掘り下げています。 

  • アプリケーション開発の現状 
  • アプリケーション開発におけるAIの役割の拡大
  • アプリケーション開発におけるセキュリティ

オンライン調査は、Dockerのプロダクトマネージャー、エンジニア、デザイナーがユーザーからインサイトを収集し、同社のツールスイートを継続的に開発および改善するための重要なベクトルです。

「このレポートの調査結果は、Dockerが市場のニーズに継続的に対応しようとしていることを示しています。これにより、開発チームが競争するだけでなく、ワークフローに適したプロセスとツールを使用して成長し、革新できるようになります」と、Dockerの開発者エクスペリエンス担当バイスプレジデントであるNahid Samsami氏は述べています。

今年のレポートの主な調査結果をお読みになり、詳細については レポート全文をダウンロードし てください。

2400x1260 2024 レポートの主な調査結果

ソフトウェア開発におけるクラウドの台頭

重要な洞察は、クラウドでソフトウェアを開発することの人気が高まっていることでした。 主な開発環境について尋ねたところ、回答者の約 64%がラップトップまたはデスクトップを挙げました。 しかし、実際のところ、 36%以上が、エフェメラル環境、個人のリモート開発環境やクラスター、GitHub Codespaces、Gitpod、Coderなどのリモート開発ツールなどの非ローカル環境を挙げています。

これらの調査結果は、クラウドでのソフトウェア開発の人気が高まっていること、つまり、効率の向上、ビルド時間の短縮、市場投入までの時間の短縮、イノベーションの迅速化などのメリットによって促進される傾向を強調しているようです。 

開発中のクラウドへの依存度が明らかに高まっているのはなぜでしょうか。 アプリケーションの規模が拡大し、依存関係の数が増加し、全体的な複雑さが増していることが要因であると思われますが、これらすべてにより、すべてローカルな環境を本番環境と同等に維持することは不可能ではないにしても、困難になります。

AI/MLがアプリ開発の主流に

もう一つの重要な発見は、ソフトウェア開発分野へのAI/MLの浸透が進んでいることです。 ほとんどの回答者(64%)は、コード作成、ドキュメント作成、調査などのタスクで、すでにAIを仕事に使用していると報告しています。

この傾向は、特に若手/中堅の開発者とDevOps/プラットフォームエンジニアによって推進されており、調査対象の上級開発者と比較してAIへの依存度が高いと回答しています。 AIツールに関しては、ChatGPT(46%)、GitHub Copilot(30%)、Gemini(旧Bard)(19%)が最も多く使用しています。

今年の調査では、Dockerコミュニティ内でMLエンジニアリングとデータサイエンスへの関心が高まっていることが示されました。 何らかの形でMLに取り組んでいるかという質問に対しては、回答者のほぼ半数(46%)が肯定的に答えました。 そのグループ内では、 54%が1つ以上のプロジェクトでMLモデルをトレーニングしてデプロイし、 43%がMLインフラストラクチャに取り組み、 39%が事前トレーニング済みのMLモデルを活用していると回答しました。

開発者が行き詰まる場所

この調査の主な目的は、Dockerがアプリ開発体験をどのように改善できるかについての洞察を得ることでした。 開発プロセスでチームが行き詰まっている場所を尋ねたところ、回答者は計画(31%)、見積もり(24%)、設計(22%)など、複数の段階を挙げました。 また、プランニングは、回答者がより良いツールを望んでいる分野として最も多く選ばれている分野の1つでした(回答者の28%)。 

これらの調査結果は、回答者が開発前にプロジェクトレベルのタスクで行き詰まりにぶつかっていることを示しています。しかし、回答者の 20%がデバッグ/トラブルシューティングまたはテスト段階で行き詰まったと報告しているように、開発プロセス自体には改善すべき点があります。 また、テストは、回答者がより良いツールを求めている上位の分野の1つでした(28%)。

マイクロサービス、セキュリティ、オープンソース

その他の注目すべきトレンドとしては、マイクロサービスの継続的な台頭、セキュリティに対するシフトレフトアプローチへの不満、オープンソースへの関心などがあります。 マイクロサービスの人気が高まっていることを裏付けるように、モノリシックからマイクロサービスに移行すると回答した回答者(29%)は、マイクロサービスからモノリシックへの移行(11%)よりも約3倍多くなっています。

セキュリティに対するシフトレフトのアプローチは、開発者にとってフラストレーションの原因であり、より効果的なツールが違いを生む可能性のある領域であるように思われます。 セキュリティ関連のタスクは、困難/非常に困難と見なされるタスクのリストのトップであり、回答者の 34%がこれらのオプションのいずれかを選択しました。 開発プロセスにおけるより優れたツールの必要性については、回答者の 25%がセキュリティ/脆弱性修復ツール(テスト、計画、監視/ロギング/メンテナンスの背後)を選択しました。

オープンソースソフトウェアは開発者のエコシステムやコミュニティにとって重要であり、回答者の 59%が過去1年間にオープンソースに貢献したと答えたのに対し、 41%は貢献しなかったと回答しています。 コントリビューションしなかった 41%のうち、大多数(72%)がオープンソースへのコントリビューションに関心を示し、 25%未満が貢献しませんでした。 

レポート全文を読む

2024 Docker State of Application Development Reportは、2023年秋にDockerのユーザーリサーチチームが実施した20分間のオンライン調査に基づいています。調査の回答者は、在宅勤務の愛好家から、 5人以上の従業員を抱える企業の専門家まで多000 。 調査結果は、調査対象885約1300回答者からの回答に基づいています。 

この調査は、Dockerの製品戦略に情報を提供するために作成されました。 私たちが発見した魅力的な情報を考えると、私たちは調査結果をコミュニティと共有したいと考えました。これは、Docker の年次アプリケーション開発状況調査の第 2 回でした。3回目は 2024年の秋に行われます。 

レポート全文を今すぐダウンロードしてください。 

さらに詳しく

Dockerのユーザー調査チーム(Olga Diachkova氏、Julia Wilson氏、Rebecca Floyd氏)は、この調査を実施し、結果を分析し、洞察を提供しました。

完全な方法論については、[email protected]にお問い合わせください。

[wpsk_comment_title]