Compose 1.6: ネットワークとボリュームを定義するための新しい Compose ファイル

ロゴ+タイトル-最終-作曲-2b

以前のバージョンの Docker Engine では、ネットワークとボリュームを管理するためのまったく新しいシステムが追加され、Docker Compose でこれらの機能が完全にサポートされることをお知らせします。

分散アプリケーションを構成するサービスという 1 つのことだけを記述するために使用される作成ファイル。 ネットワークとボリュームがミックスに追加され、はるかに複雑なアプリケーションを記述できるようになりました。 複数のネットワーク層と複雑なストレージ構成を使用して開発用コンピューターにアプリをセットアップし、運用環境でのセットアップ方法を複製できます。 その後、開発から同じ構成を取得し、それを使用して、CI、ステージング、および運用環境までアプリを実行できます。

これは、ネットワークとボリュームを Compose ファイルの最上位オブジェクトにすることで実装されました。 Composeファイルに含まれていたものはすべて、新しい services キーの下にあります。

この新しい形式が提供する機能を理解するには、Flocker に格納されている複数のネットワーク層とボリュームを持つこのサンプル アプリケーションをご覧ください。

version: "2"

services:
  web:
    image: myapp
    networks:
      - front
      - back
  redis:
    image: redis
    volumes:
      - redis-data:/var/lib/redis
    networks:
      - back

volumes:
  redis-data:
    driver: flocker

networks:
  front:
    driver: overlay
  back:
    driver: overlay

 

うまくいけば、これは今何が可能かについてあなたの想像力を刺激します! 試すことができる完全な例については、この GitHub リポジトリを確認してください

既存のアプリケーションを新しい形式に変換するのは本当に簡単です。 ほとんどの場合、行 version: “2”services: ファイルの先頭に追加する場合ですが、いくつかの注意点があるため、 問題が発生した場合は、これらの手順を確認してください。 まだジャンプする準備ができていない場合は、問題ありません– Compose 1.6は古い形式でも問題なく機能します。

新しい Compose ファイルに加えて、このリリースには他にもいくつかの新しい機能があります。

  • 開発環境をより迅速にセットアップします。 などのビルドディレクトリ build: ./codeを指定すると同時に、 などの image: myusername/webappイメージを指定することもできます。 つまり、イメージのビルドに使用することも docker-compose pull 、レジストリからプルして高速化することもできます docker-compose build 。したがって、ビルド済みのイメージを使用すると、イメージがローカルでビルドされるのを待つのではなく、開発環境をより高速に実行できます。
  • docker-compose events: アプリケーションのエンジン イベントをストリーミングする新しいコマンドで、コンテナーの開始や停止などのイベントに反応するツールの構成要素として使用できます。
  • 引数を作成します。 Compose ファイルからビルドに引数を渡すことができるようになりました。

新機能の完全なリストについては、リリースノートを確認してください。 Composeをインストールまたはアップグレードする 最も簡単な方法は、Dockerツールボックスをダウンロードすることです

本番環境での Compose の実行の詳細については、 ドキュメントにガイドがあります。

新しいバージョンの Docker 作成ファイルに関するこのビデオをご覧ください

 

 

 

 

ドッカー1.10に関するその他のリソース


ドッカーについてもっと知る

[wpsk_comment_title]