macOS X 10.14の廃止について知っておくべきこと

Docker は、最新バージョンの macOS で Docker Desktop をサポートしています。 つまり、macOSの現在のリリースと以前の2つのリリースです。 macOS の新しいメジャーバージョンが一般公開されると、Docker は最も古いバージョンのサポートを停止し、(以前の 2 つのリリースに加えて) 最新バージョンの macOS をサポートします。 バージョンサポートポリシーに従い、Docker Desktop は 2021 年 10 月に Apple が macOS Monterey (12) をリリースし、macOS Mojave バージョン (10.14) のサポートを終了したことで macOS バージョンのサポートを拡張しました。

現在、バージョン4.0以降のDockerデスクトップのユーザーの3%未満がMac OSバージョン10.14を使用しています。 大多数のユーザーに最高のエクスペリエンスを提供し続けるには、最新のOSバージョンのサポートに注力する必要があります。 

これは10.14ユーザーにとって何を意味しますか?

  • Docker Desktop の 2022 年 4 月のリリース以降、macOS 10.14 のユーザーには、OS X 10.14 のサポートが廃止されたという警告が表示されます
  • OS X 10.14を使い続けたいユーザーはそうすることができますが、2022年4月以降にリリースされた新しいバージョンのDockerデスクトップに更新することはできません。 この OS バージョンのバグ修正やセキュリティの問題には対処しません。 
  • 最新バージョンの Docker Desktop を使用するユーザーは、macOS バージョン 10.15 以降を使用している必要があります。 つまり、カタリナ、ビッグサー、またはモントレーです。 最新バージョンのmacOSにアップグレードすることをお勧めします。

10.13 の非推奨から学ぶ

macOSバージョン10.13のサポートを終了したとき、ユーザーがアップデートの確認ポップアップによって頻繁に中断されたため、マークを逃しましたが、新しいバージョンはOSバージョンでサポートされていないと言われました。 ここには2つの問題がありました:ユーザーはこれをオフにすることができず、これがDockerからのものであることが明確ではありませんでした。

無名

この廃止により、OS X 10.14を使用している場合、Dockerデスクトップは更新をまったくチェックしません。 更新を手動で確認することを選択した場合、Dockerデスクトップがこのメッセージのソースであることは明らかです。 

[wpsk_comment_title]