Docker Init GAによるDocker化の合理化

2023年5月、Dockerは、さまざまなタイプのアプリケーションのDockerセットアッププロセスを合理化し、ユーザーが既存のプロジェクトをコンテナ化できるように設計された、Docker Desktopの新しいコマンドラインインターフェイス(CLI)ツールのベータリリースdocker initを発表しました。このたび、複数の言語とスタックをサポートする の docker init一般提供が開始され、アプリケーションのコンテナ化がこれまで以上に簡単になりました。

バナーは 'docker init 2400x1260

docker initとは何ですか?

当初は、Docker 4のベータ版でリリースされました。18では、 docker init いくつかの機能強化が加えられています。 docker init は、プロジェクト内のDockerリソースの初期化を支援するコマンドラインユーティリティです。 DockerfileCompose ファイル、および .dockerignore プロジェクトの性質に基づいてファイルを作成し、Docker構成に関連するセットアップ時間と複雑さを大幅に削減します。 

の最初の init ベータリリースでは、Goプロジェクトと汎用プロジェクトのみがサポートされていました。 最新バージョンは、Docker Desktop 4で入手できます。27は、Go、Python、Node.js、Rust、ASP.NET、PHP、および Java。

docker init の使い方

使い方は docker init 簡単で、いくつかの簡単な手順が必要です。 まず、Docker アセットを初期化するプロジェクトディレクトリに移動します。 ターミナルで、コマンドを実行します docker init 。 このコマンドは、ツールを起動し、プロジェクトを分析するための準備をします(図 1)。

docker init のウェルカム メッセージのスクリーンショットと、プロジェクトのテンプレートの選択に役立つ提案。
図 1: Docker init は、アプリケーションに最適なテンプレートを提案します。

docker init プロジェクトをスキャンし、確認してアプリケーションに最適なテンプレートを選択するように求めます。 テンプレートを選択すると、 によって docker init プロジェクト固有の情報の入力が求められ、プロジェクトに必要な Docker リソースが自動的に生成されます (図 2)。

docker init の動作のスクリーンショット。 テンプレートを選択すると、docker init が必要な Docker リソースを自動的に生成します。
図 2. テンプレートが適用されると、Compose でアプリケーションを実行する準備が整います。

この手順には、選択した言語とフレームワークに合わせて調整された Dockerfile と Compose ファイル、およびその他の関連ファイルの作成が含まれます。 最後のステップは、実行 docker compose up して、新しくコンテナー化されたプロジェクトを開始することです。

なぜdocker initを使うのですか?

この docker init ツールは、Docker化のプロセスを簡素化し、Dockerを初めて使用する人でもアクセスできるようにします。 これにより、Dockerfile やその他の構成ファイルを最初から手動で作成する必要がなくなり、時間を節約し、エラーの可能性を減らすことができます。 テンプレートベースのアプローチにより、 docker init Dockerのセットアップが作業中の特定のタイプのアプリケーションに合わせて最適化され、プロジェクトが業界のベストプラクティスに従うことが保証されます。

結論

docker init 一般提供は、Dockerをプロジェクトに統合するための効率的でユーザーフレンドリーな方法を提供します。 経験豊富なDockerユーザーでも、コンテナ化の初心者でも、 docker init 開発ワークフローを強化することができます。 

さらに詳しく 

Docker は初めてですか? まず、Docker Desktop をダウンロードします

レバレッジ docker initの詳細については、次のビデオチュートリアルをご覧ください。 

お気に入りの言語を使用して Docker init を使用する方法を学びます

[wpsk_comment_title]